本番行為無しでも十分に楽しめるのが巨乳風俗の魅力だと思う

風俗は本番をしないことであり、それ以外で楽しむというのが基本です。しかしながら、プレイをしているとどうしても挿入してしまいたくなるのも本音なわけでありますが、そこは我慢しなければならず、素股を信じるしかありません。

しかし、以前、デリヘルを頼んだ時にちょっとしたアクシデントがありました。いつも呼んでいる女の子がその日は休みだそうで、お店の人に「今日入った新人の子がいるんです。可愛いんでどうですか?」と言われました。新人好きな自分にとっては好都合だったのでお願いをしました。

やってきた女の子は可愛いというか垢抜けない感じの女の子でむしろこっちが教えるべき何だという使命感に駆られました。一緒にお風呂に入って、そしていざプレイなわけですが、フェラやいじりあいから基本の騎乗位でいつもは女性に任せる形で進めていくのですが、なにせ新人なのでそこらへんも教えながら進めました。

おそらくプライベートでのセックスもそんなにしたことがないのだと思いました。そしてやっと騎乗位で素股をしていたのですが、段々彼女も感じているのがわかりました。「これはまさか・・・」と思っているとヌルッと彼女の中に入ってしまいました。

抜かなければと思い彼女に言うと、「ゴムつけてたら入れたいです」となったのでそのまま入れてしまいました。アクシデントとはたまに起こるものですが、なんだかんだ素股だけで物足りないのは男性だけではないんですね。